日本語 |

ENGLISH

令和元年度全国大会の開催

本年度大会・総会は、令和元年10月26日(土)、27日(日)の両日、関西大学千里山キャンパスにて開催されます。

大会概要  

  1. 名称:日本保険学会令和元年度大会
  2. 主催:日本保険学会
  3. 開催期日:令和元年10月26日(土)~27日(日)
  4. 大会委員長:石田 成則(関西大学)
  5. 会場:関西大学千里山キャンパス第3学舎1号館  http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/mapsenri.html
  6. 参加申込書:①参加申込書(会員用) ②参加申込書(会員以外用)

お知らせ:
「報告要旨」は、大会プログラム(当日配付)にも掲載いたします。
「レジュメ」は、10月1日以降、 会員専用ページに掲載します
 

1.招待報告(10月26日10:20~11:10)
   
韓国保険法の現況と課題
     報告要旨
       報告者      梁 奇珍(全北大學校 法學專門大學院)
       司会兼通訳者   李 芝姸(東洋大学)

2. シンポジウム「保険法10年の経験と今後の課題」
 (10月26日13:00~16:00)

 司会/竹濵 修(立命館大学)
 ①損害保険実務からみた保険法10年 
        -「保険給付の履行期」と「人身傷害の請求権代位」について-  報告要旨      
  報告者:森岡 圭(東京海上日動) 
 ②直接請求権に関する問題と傷害保険における外来性  報告要旨
         報告者:山本 哲生(北海道大学)
 ③保険法制定後の監督規制の動向と私法上の課題
  -生命保険実務の立場から-         報告要旨
  報告者:遠山 優治(日本生命)
 ④保険金受取人に関する規定の理論的課題とその検討   報告要旨
  報告者:遠山 聡(専修大学)
 ⑤保険市場の変化-過去10年と今後の展望-  報告要旨 
  報告者:植村 信保(キャピタスコンサルティング)
 
3.  基調講演Ⅰ「行動ファイナンスとAIによる資産運用」 報告要旨 
 (10月26日16:15~17:00)

 講演者:岡田 克彦(関西学院大学)

ポスター・セッション(1日目)(10月26日17:00~17:45)

4.自由論題(10月27日9:00~11:00)

 ●第Ⅰセッション(経済・経営・商学系)
    座長:  諏澤 吉彦(京都産業大学)
 報告①:「満州国」時代の中国保険業  報告要旨
   報告者:神田 恵未(大阪樟蔭女子大学)
 報告②:文脈が保険の需要行動に与える影響
     ~実験経済学の手法を用いた考察~ 報告要旨
   報告者: 藤井 陽一朗(明治大学)/白川竜太(コムシス株式会社)
 報告③:生命保険における「助け合い」と相互性に関する考察  報告要旨 
   報告者:田中 隆(兵庫県立大学)

 ●第IIセッション(法律系)
  座長:  肥塚 肇雄(香川大学)
 報告④:保険募集・契約締結過程における保険者の情報提供義務違反
           と法的サンクション-ドイツ法から示唆を得て-  報告要旨
   報告者:鄭 燦玉(京都大学)
 報告⑤:法人保険契約の解除・免責に関する一考察  報告要旨
             報告者:原 弘明(関西大学)
 報告⑥ : 自動運転と対物責任保険-ドイツとの比較法的検討  報告要旨
     報告者:金岡 京子(東京海洋大学)

ポスター・セッション(2日目)(10月27日11:00~12:00)

5.共通論題「インシュアテックと保険事業」(10月27日13:00~16:30)
   
基調講演Ⅱ「スマートフォン+アプリが作る「情報環境」と倫理

                             ~データ活用の近未来を構想するにあたって~」 報告要旨
            講演者:佐々木 裕一(東京経済大学)
    はじめに 司会/宮地 朋果(拓殖大学) 報告要旨
 ①情報社会の急速な発展による保険制度における「信頼」の変容
   ―インシュアテックが保険制度における「信頼」に与える影響― 報告要旨
   報告者: 吉澤 卓哉(京都産業大学) 
 ②健康増進型保険が保険事業に与える影響について  報告要旨
   報告者: 安井 敏晃(香川大学)
 ③生命保険業界におけるインシュアテックの取組み等  報告要旨
   報告者: 武藤 伸行(第一生命ホールディングス)
 ④三井住友海上のデジタライゼーション取組  報告要旨
   報告者: 栗原 光自郎(三井住友海上)