日本語 |

ENGLISH

 「保険学雑誌」は、明治28年(1895年)創刊の「月刊保険雑誌」をルーツとするわが国最古の保険学の専門誌です。現在は、季刊誌であり、既に通巻600号を超えました。
 当雑誌は、保険学会の会員には、無料で配布しておりますが、希望者には、バックナンバーを販売しております。学会事務局までお問い合わせください。
 また学会で報告された内容を論文として、もしくは、査読依頼論文を保険学雑誌へ投稿することができます。投稿要領をお読みの上、学会事務局にご連絡ください。

最新号のご案内

保険学雑誌
第643号(平成30年12月発行)

保険学雑誌 第643号表紙

【保険法制定10年】特集

保険法制定10年で振り返る,告知義務に係る募集・解除(支払)実務の近時の変容  アブストラクト
錦野 裕宗
保険法の下での告知義務に関する解釈上の問題
—質問応答義務への変更等に伴う商法からの解釈の変容—  アブストラクト
嶋寺 基
失効した生命保険契約等の復活請求時における告知義務制度の適用のあり方
—裁判例の分析と保険法の定める告知義務の規律の適用に関する考察—  アブストラクト
中村 信男
保険法が実務に与えた影響  アブストラクト
米山 高生
自賠法16条の9の解釈をめぐる諸問題
—最高裁平成30年9月27日判決を中心として—  アブストラクト
植草 桂子
技術革新と保険法の課題
—人工知能(AI)が搭載された新技術に対する保険適用等の検討—  アブストラクト
肥塚 肇雄
近年の日本の保険行政における健全性規制の動向とその考察  アブストラクト
植村 信保
家計分野の火災保険における保険価額評価の実務にかかる考察  アブストラクト
岩田 恭彦
日本保険学会会報(2017)

論文を探す
(保険学雑誌)

査読論文・自由投稿論文等の投稿の際に必要な要領・様式等をダウンロードすることができます。
保険学雑誌イメージ(第585号以降)を見ることができます。
    アブストラクトやキーワードを閲覧・検索することができます。
    保険学雑誌第589号以降の掲載論文を対象としています。
    発行後半年を経過した巻に掲載された論文・書評等については、本文PDFと書誌事項を閲覧できます。
      著者名・論文名・刊行年月・巻号などを検索することができます。
      1895年(明治28年)以降刊行された保険学雑誌とその前身誌の目次をデータベース化しています。
      論文原文の入手方法が解説されています。