日本語 |

ENGLISH

平成30年度全国大会の開催

本年度大会・総会は、平成30年10月27日(土)、28日(日)の両日、日本大学三軒茶屋キャンパスにて開催されます。

※大会参加申込につきましては、例年同様、8月末頃に会員宛に案内状と申込書を郵送いたします。
  また、会員以外の方につきましては、同じく8月末頃に当ページに申込書を掲載いたします。

大会概要  

  1. 名称:日本保険学会平成30年度全国大会
  2. 主催:日本保険学会
  3. 開催期日:平成30年10月27日(土)~28日(日)
  4. 大会委員長:岡田 太(日本大学)
  5. 会場:日本大学三軒茶屋キャンパス  http://www.nihon-u.ac.jp/risk_management/information/access.html

1.招待報告(10月27日10:20~11:10)
   
韓国保険法の現状と課題
 
       報告者      張 德祚(西江大學校)
       司会兼通訳者   李 芝妍(東洋大学)

2. シンポジウム「欧米、アジアの経験から学ぶ保険研究・教育の展望」
 (10月27日13:00~16:30)

 はじめに 司会/岡田 太(日本大学)
 海外学会から見る保険研究の動向 
①北米:ARIA (American Risk and Insurance Association) の研究動向 
   報告者:柳瀬典由(東京理科大学)
 ②欧州:EGRIE (European Group of Risk and Insurance Economists) の研究動向 
   報告者:藤井陽一朗(大阪産業大学)
 ③アジア太平洋:APRIA (Asia-Pacific Risk and Insurance Association) の研究動向 
   報告者:中林真理子(明治大学)
 研究アプローチから見る保険研究の動向
 ④ミクロ経済学の保険論への適用 
   報告者:大倉真人(同志社女子大学)
 ⑤コーポレート・ファイナンスの保険論への適用 
   報告者:山﨑尚志(神戸大学)
 
ポスター・セッション(1日目)(10月27日16:50~17:50)


3.自由論題(10月28日9:30~11:00)

 ●第Ⅰセッション(経済・経営・商学系)
    座長:  諏澤吉彦(京都産業大学)
 報告①:長寿リスクの経済的保障に関する考察
   報告者: 根本篤司(九州産業大学) 
 報告②:終身年金パズルによる年金・一時金の選択に関する考察
     ―公私年金の役割分担を踏まえて― 
   報告者: 谷内陽一(りそな銀行)
 報告③:相互会社のコーポレートガバナンスに関する一考察
   報告者: 丸山高行(上武大学)

 ●第IIセッション(法律系)
  座長:  潘 阿憲(法政大学)
 報告④:規約上の自動更新条項と更新拒否条項-一律掛金・一律保障の共済を中心に- 
   報告者: 坂本貴生(日本コープ共済生活協同組合連合会)
 報告⑤:生命保険契約の復活における自殺免責条項 
   報告者: 村上裕行(外苑前法律事務所・弁護士)
 報告⑥ : 因果関係の判断方法-損保系傷害保険を中心として- 
   報告者: 勝野真人(勝野法律事務所・弁護士)

ポスター・セッション(2日目)(10月28日11:00~12:00)


4.共通論題「大規模自然災害とリスクファイナンス」(10月28日13:00~16:30)
   基調講演 「大規模自然災害と再保険」
   講演者: 石井 隆(ジェンリー・ジャパン・サービス株式会社代表取締役社長)
 はじめに 司会/遠山 聡(専修大学)
 ①個人のリスクファイナンス 
   報告者: 黒木松男(創価大学) 
 ②事業継続計画の役割と今後の課題  
   報告者: 野田健太郎(立教大学)
 ③伝統的な保険によるリスクファイナンス 
   報告者: 村田 毅(MS&ADホールディングス) 
 ④伝統的な保険以外のリスクファイナンス
   報告者: 野崎洋之(野村総合研究所)
 ⑤農業経営リスクの変化と農業保険での対応
   報告者: 徳井和久(全国農業共済協会)