日本語 |

ENGLISH

日本保険学会の歴史と現在

「日本保険学会」略史

1894年(明治27年)
同年、東京帝国大学を卒業した志田、玉木および粟津の三氏が研究会を結成し、翌1895(明治28)年、「保険学会」の名称で『保険雑誌』発行開始。(創刊号は9月20日刊行)
1898年(明治31年)
発会式を兼ね、学会規則議定のため臨時総会開催。
1940年(昭和15年)6月
藤本、岩本、小島、森、志田、椎名、園、末高、滝谷の9氏を創立準備委員として「日本保険学会」設立計画。
同年11月24日
東京帝国大学において創立総会開催。その後、戦争激化のため学会活動停止。一方、1948(昭和23)年に旧「保険学会」は発展的に解消。
1950年(昭和25年)
「日本保険学会」再建総会開催。
1990年
   創立50周年を迎え、東京国際大学にて記念大会を開催。
2010年(平成22年)
創立70周年を迎え、早稲田大学にて記念大会を実施。

     2015年(平成27年)
        創立75周年を迎え、慶応義塾大学にて記念大会を実施。