日本語 |

ENGLISH

保険学雑誌原稿募集:最新海外保険事情(特集)

 来年(2020年)12月に発刊予定の保険学雑誌では、以下のとおり、最新海外保険事情に関する特集を予定しています。つきましては、会員諸氏からの投稿を募集しますので、奮って応募してください。

 

1.企画理由

 海外における最新保険動向を識っておくことは、外国法や海外事情に関する研究者のみならず、日本法や国内事情の研究者にとっても、また、保険実務家にとっても極めて重要なことである。しかし、海外の保険事情の動向は、断片的には情報が入ってくるものの、大勢を把握するに有用なほどに纏まった形ではなかなか得ることができないのが実情である。

幸いにも、当学会には、外国法や海外事情に通じた学者や実務家が多数所属している。こうした会員の叡智を結集することができれば、相当な内容の論文集を創り出すことができる筈である。

前回に最新海外保険事情特集号を刊行したのは本誌第615号(2011年12月号)であり、来年でほぼ10年が経過する。そこで、この機会に改めて海外の保険事情の動向について分析・検討することは極めて有益であると考えられ、保険学雑誌の『最新海外保険事情特集(号)』を組むこととした(2020年12月刊行予定)。

 

2.募集内容

(1)募集する論文

 広く海外保険事情に関する事象を分析・検討する学術論文

(2)募集対象者

 会員諸氏から広く執筆希望者を募ることとする。そのうえで、編集委員会が論題のバランス等を考慮しながら執筆依頼者を選定して、原稿の執筆を依頼する。したがって、論文の種類としては、「依頼論文」となる。

 なお、「依頼論文」であるので、当学会の大会と部会における報告は、投稿要件ではない。ただし、執筆者が希望する場合には、当学会の大会と部会において、投稿内容について事前に発表報告することも可とする。

(3)特集(号)全体の構成

 いかなる論文執筆希望が会員諸氏から表明されるか不明であるので、会員諸氏からの執筆希望をとりまとめたうえで、全体の構成等を決定する予定である。

 なお、当学会の大会と部会における報告にもとづく論文のうち海外保険事情に関するものも、本特集(号)に併せて掲載する可能性がある。

(4)執筆要領

 保険学雑誌編集方針(保険学雑誌や学会ホームページに掲載)のとおり(刷り上り原則20頁以内、最大30頁)。

 

3.刊行スケジュール

(1)執筆希望者募集開始:2019年12月

(2)執筆希望者募集締め切り:2020323日(月)

(3)執筆依頼者決定:2020年4月

(4)執筆依頼:2020年4月

(5)原稿締切:2020年8月末

(6)刊 行 :2020年12月

 

4.応募要領

 執筆を希望する会員は、次の事項を、2020323日(月曜日)までに、学会事務局にメール連絡ください。

 なお、執筆を希望する場合であっても、原稿執筆を依頼しない場合があり得ることをお含み置きください(上記2(2)参照)。

  1. 氏 名:
  2. 所 属:
  3. 役 職:
  4. テーマ(仮題):

(連絡先) 事務局e-mail:gakkai@jsis365.onmicrosoft.com

(締め切り)2020年3月23日(月曜日)